2007年02月15日

メタボリックシンドローム宮城県が対策

メタボリックシンドロームは、高血圧、高中性脂肪、高血糖の二つ以上に該当し、腹囲が男性85センチ以上、女性90センチ以上の人。内蔵脂肪の蓄積が原因とみられ、生活習慣病を引き起こす可能性が高いとされる。

今日のYahooニュースの中にこんな記事がありました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070215-00000091-mailo-l04

宮城県では、働き盛りの会社員がメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)になるのを防ぐため、2007年度から保健所の保健師や栄養士が、企業内で従業員の健康づくりの助言をする「メタボリックシンドローム対策事業」を開始する。
 
 
2005年度の宮城県民健康調査によると、県内の30歳以上の男性の肥満率は全国平均を1・5ポイント上回る31%、40歳以上の女性も同6・2ポイント上回る32・2%と、働き盛りの年代に肥満傾向の人が多い。
 
計画では、宮城県内7カ所の保健所ごとに、モデルとなる2〜3企業を選定。
保健師らが年に数回出向き、企業の健康管理担当者と相談しながら勤務時間中に運動を取り入れたり、栄養バランスに関する指導を行う。
 
保健所ごとに企業、健康保険組合、地域産業保健センターなどの担当者が参加する「事業企画評価会議」を設置し成果を検討。健康管理担当者を対象にしたセミナーも開催する。事業費500万円を07年度予算案に計上した。


宮城県は、素晴らしい取り組みをしていますね。先日も、NHKニュースで、自治体でのメタボリックシンドロームへの取り組みを、特集していました。
メタボリックシンドロームを減らすことで、健康保険も節約になるようです。
また何より、メタボリックシンドロームによって引き起こされる、いろいろな病気を予防できるということは、本当に、一人ひとりのためにも、素晴らしい試みと思います。
今回、企業にも協力をしてもらっていることから、このような取り組みが、さらに増えるとよいなと思いました。

posted by パンプキン at 23:55| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33775648

この記事へのトラックバック

2月16日(金曜日)のメタボリック情報
Excerpt: 2月16日(金曜日)のメタボリック情報(06時31分更新) メタボリック 新快々...
Weblog: メタボリックシンドローム情報館
Tracked: 2007-02-16 06:38

メタボリックシンドローム
Excerpt: メタボリックシンドロームかな?と思ったら・・・
Weblog: メタボリックシンドローム
Tracked: 2007-02-17 16:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。