2007年03月22日

大野城市:運動展開、歩いて歩いて健康推進

福岡県大野城市で、メタボリックシンドローム予防に、歩いて歩いて健康推進の運動を展開しているそうです。今、全国各地で、取り組みが行われていますね。

http://news.livedoor.com/article/detail/3083308/
 
福岡県大野城市は、生活習慣病やメタボリックシンドロームの予防や改善を目指して展開する「歩こう運動」への参加を呼び掛けている。市健康長寿課は「歩こう運動記録カード(かたつむりカード)」を配り、1万キロ達成者に金メダルとトロフィーを出すなどユニークな取り組みを進めている。

 歩こう運動は22年前から始まった。これまでの登録者は380人で、1万キロ達成者は52〜83歳の62人。市は35〜64歳の約3万9000人中約5700人がウオーキングしていると推計し、10年後には倍の約1万1000人に増やしたい意向。

 かたつむりカードは、殻が線で100個に区切られ、全部塗ると100キロになる。同課は「励みになれば」と、200キロと500キロ、以後1000キロごとに記念品▽1000キロ、5000キロ、1万キロに銅、銀、金のメダルを用意している。また、歩き方が分からない人のために週1回、健康運動指導士の資格を持つ保健師が健康相談も開いている。

 チャレンジしている人から「外に出る機会が増えた」「血糖値が下がった」などの朗報も届き、担当の大道和貴さんは「健康推進にどんどん挑戦してほしい」と話している。同課092・501・2222〕


posted by パンプキン at 07:25| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36549707

この記事へのトラックバック

メタボリック・シンドローム(代謝症候群)とは?
Excerpt: メタボリックシンドロームという言葉をご存知ですか? 最近、運動不足や食べすぎなど、身体に負担がかかる習慣が影響して発症する「生活習慣病」の増加が問題になっています。 生活習慣病は自覚症状がないまま静か..
Weblog: お役立ち情報まとめブログ
Tracked: 2007-03-22 11:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。