2007年03月22日

食前○○"成功と失敗の分かれ目は?

ライブドアのダイエット通信より3月22日付
http://news.livedoor.com/article/detail/3084228/


食前○○"成功と失敗の分かれ目は?

低カロリーの食材を先に口にしてから他の物を食べることで、全体のカロリー吸収率を抑えるため、生野菜や煮物のこんにゃくなどから食べ始めるとダイエットに効果的!
様々なダイエット方法の中で、もはや定番の一つとも言えるのが、食前○○ダイエット。これは、文字通り「食事の前に○○を食べる」というもので、寒天ダイエット、キャベツダイエットなどが有名である。

食前にこれらの食材を食べる理由を、ダイエットコーチの内藤さんに聞いてみた。

「空腹時には、食べ物のカロリーの吸収率が高くなることが分かっています。そこでまず、低カロリーの食材を先に口にしてから、他の物を食べることで、全体のカロリー吸収率を抑える方法です」つまり、ひとつの弁当を例に取っても、生野菜や煮物のこんにゃくなどから食べ始めるといいそう。
こういった食べ方の工夫は、女優の藤田弓子さんも取り入れ12キロの減量に成功し『藤田弓子のわがままダイエット』を出版している。

プロポーズをかけてダイエットに励むデブちんさんも食前○○ダイエットを実践した一人。彼が行ったのが、某テレビ番組でも取り上げられた「食前キャベツダイエット」だ。この方法、食前にキャベツを食べるという、至ってシンプルなもの。継続ができれば効果も抜群だという。

しかし、食前○○ダイエットにはいくつか疑問点がある。

・肥満体型の人が一気にカロリーを抑えたら、痩せるのは当然で、それはキャベツのお陰といえるのだろうか。

・リバウンドしない。とテレビでは言われているが本当にリバウンドしないのはありうるのだろうか。
 
・運動は一切なしで本当に痩せることができるのだろうか。

この件について、前出の内藤さんに伺った。
 「体重が減るときには、まず筋肉から落ちていくのが一般的です。また、筋肉と脂肪では、同じ量でも脂肪は軽く、筋肉は重運動を殆どしないダイエットでは、筋肉が落ちた結果、体重が落ちても、脂肪を落とすことは難しい。よって、太りやすい体質であることに変わりなく、常にリバウンドと戦わなくてはならなくなるのです」
とのこと。

世の中そんなに甘くはない。食前○○ダイエット、成功するためにはやはり「運動との併用」が必須のようだ。


posted by パンプキン at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。