2007年03月13日

内臓脂肪ダイエット

内臓脂肪ダイエット

食事から得ている脂質には動物性脂肪と植物性脂肪、魚油があります。

☆動物性脂肪 : 肉や卵、バター (飽和脂肪酸)
☆植物性脂肪 : 大豆油、ごま油  (不飽和脂肪酸)
☆魚油    : 魚のあぶら  (不飽和脂肪酸)

内臓脂肪ダイエットのおいて、主に減らしたのは動物性脂肪です。

動物性脂肪をとりすぎると動脈硬化を招き、心筋梗塞、脳卒中などになるリスクが高くなります。しかし動物性脂肪は、体を作るための良質なたんぱく質やビタミンなどが豊富な栄養源なので、まったくとらないというわけにはいきません。


植物性脂肪の中でも大豆油、コーン油、ゴマ油、などに含まれている「リノール酸」は体内で合成できないので、食事からとらなければならない大切な脂肪酸です。(必須脂肪酸)これらの脂肪酸が不足してくると、脱毛や肌荒れなどの要因になります。

そして、「リノール酸」にはコレステロールを下げる効果もあります。といって逆にとりすぎると、善玉コレステロールまで下げてしますので、注意がいります。

魚油は、血液中の中性脂肪を減少させて、体脂肪をつきにくくします。



posted by パンプキン at 23:02| Comment(0) | TrackBack(1) | ダイエット法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

梅とうがらしダイエット

梅とうがらしダイエット

唐辛子に含まれる「カプサイシン」がダイエットに効果があるそうです。

カプサイシンは、中枢神経を刺激して副腎皮質からアドレナリンなどのホルモンの分泌を促し、中枢神経を刺激してアドレナリンやノルアドレナリンを分泌させ体内の各器官の代謝を活発にする作用があります。
(動物実験では、内臓脂肪蓄積を抑制させる効果が報告されています)

そのカプサイシンの豊富に含まれる唐辛子と梅昆布の風味豊かな味わいブレンドしお茶にしたのが梅とうがらし茶。

お茶として飲む他に、お茶漬け、おにぎりといろんなお料理のアクセントとしても使えます。

【カプサイシンの効果】
カプサイシンは体内に吸収されるとアドレナリンの分泌を活発にさせて、発汗を促し美肌やダイエットにも効果的です。
◆防腐・殺菌作用がある
◆胃腸の粘膜を刺激して食欲増進・代謝を促進する
◆抗酸化作用で胃の粘膜を守る
◆体内に吸収されたカプサイシンは、脳に運ばれて内臓感覚神経に働き、副腎のアドレナリンの分泌を活発にさせ発汗を促しますので、皮下脂肪の燃焼を促進しダイエット効果が期待できます
◆交感神経を刺激して身体が温まる

【注意点】
◆唐辛子は刺激性が強いため、一度に大量に摂取すると胃腸などへのダメージが起こる場合もありますので、胃潰瘍などの病気がある場合はお勧め出来ません。
◆唐辛子の辛み成分であるカプサイシンは腸で分解されませんので痔になりやすい方にもお勧め出来ません。

これが、以外においしくて、お気に入りです。
http://www.rakuten.co.jp/beone/738716/

http://www.nihonsanmi.co.jp/

唐辛子梅昆布茶もいけますよ。
http://www.fujishokuhin.co.jp/item/togarashi/togarashi.htm


posted by パンプキン at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お粥ダイエット

おかゆダイエット

主食を白米からおかゆに切り替える。

おかゆは、ご飯よりも少量でお腹いっぱいになるので、いつもよりも食べる量が減らせます。ご飯1膳でおよそ200キロカロリーのところをおかゆなら、約半分の100キロカロリーですみます。

熱々のおかゆを冷ましながら食べると、ゆっくりになるのもポイント。時間をかけることで満腹中枢に伝達が行くまでの時間が稼げて、必要以上に食べ過ぎることを防げます。
また、おかゆは元々消化によく、体を温めてくれる健康食でもあります。

こんなニュースもありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070309-00000004-fash-fash

お腹持ちと満腹感をもたらすという、お粥ダイエット『華スタイル』。ヤセたいけれどご飯もしっかり食べたい派のダイエットをサポート!

1食あたりお茶碗2杯分(250g)という量なのにカロリーは約187kcal。お米好きなダイエッターには嬉しい、美味しくて健康的なお粥ダイエット食品『華スタイル』が、3月1日より発売中。

この商品の特徴は、単にカロリーを抑えただけではなく、噛み応えのある玄米や蓮根を絶妙にブレンドしたこと。噛むことで脳にある満腹中枢を刺激し、満腹感をもたらします。

また、天然素材である米ぬか・グアバ・大豆をブレンドし、独自の技術で発酵させた特許素材<アンドラティア成分>を配合されています。

それに腹持ちがよいといわれるお米は、エネルギーとして消費され、体脂肪にもなりにくいそう。しかもレシピは、表参道にある人気ヘルシーダイニング「Cafe Ratia」のシェフが監修。1日1食をこのお粥に変えるだけで、美味しく健康的なダイエットをサポートするというわけです。

『華スタイル』1箱(7食分 価格:6,300円)。
http://www.okayu-diet.com/(お粥ダイエット『華スタイル』) 問合せ0120-98-1507(ジャパンビューティーエクスプレス ※土・日・祝日除く)。


私は、玄米のおかゆも良く食べますよ。玄米のおかゆも、なかなかおいしくてGOODですよ!!
posted by パンプキン at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイエット法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

バナナ酢ダイエット

バナナ酢ダイエット」は知り合いの方からバナナ酢のことを教えてもらったのがきっかけです。
私は、低血圧のため、夏になると、特に血圧が下がり、疲れやすくなるのが悩みで、栄養ドリンクなしで過ごせないほどでした。

昨年、夏に入る前に、バナナ酢が体に良いと聞き、作り方も簡単なので、作って飲むようにしましたら、本当に疲れにくくなり、栄養ドリンクをほとんど飲まずに夏を過ごす事ができました。

実は、その時、バナナ酢は飲んでいましたが、バナナ酢がダイエットに良いということは知りませんでした。でもダイエットにも良いというのはこんな理由からだそうなんです。

バナナがダイエットに良いという理由は、まずその「食物繊維」の多さにあります。食物繊維が豊富な食物は整腸作用が高く、腸の老廃物を排出してくれるので、「停滞便」ができにくくなります。

そしてもうひとつ大きな理由としてバナナには「カリウム」が豊富である事があげられます。カリウムはバナナやスイカに多く含まれる栄養素なのですが、利尿作用が高く、脂肪を分解する効果がある事がわかっています。

バナナ酢ダイエットはこの「整腸作用・脂肪分解作用」の両方がさらにパワーアップしたものなのです。


しかも作り方は、すごく簡単。

材料
・バナナ 100g 普通サイズでちょうど1本くらい

・ 酢   200ml (合成酢以外のもの) 私は黒酢を使っています。

・黒糖   100g

  氷砂糖 きび砂糖 ハチミツ など(精白された「白砂糖」はさける)
 

 入れておくビンは、100円均一で買いました。

作り方は
バナナを輪切りにして、酢200ml&黒糖100gが入ったビンに入れ このまま冷蔵庫で1〜2週間で飲むことが出来ます。

「電子レンジ」に30〜40秒かけて、常温で放置した後、翌日には飲めるというやり方もありますが、ビタミン・ミネラルは、減少しますね。


二週間程度経過してしまえば、バナナの栄養素はほとんど酢に溶け出してしまっていますので、取り出してしまってかまいませんし食べても大丈夫ですバナナ酢の飲み方

食前に15mg(大さじ一杯分)を、豆乳・野菜ジュース・牛乳・ヨーグルトなどに混ぜて召し上がってください。酢の物やサラダのドレッシングとしてもおいしいです。
私は、豆乳に混ぜて飲んでいます。とろりとして、ヨーグルトみたいな感じになります

これで、食事の栄養が脂肪にかわりにくく、なおかつ体内の脂肪も燃焼しやすくなる、ダイエット効果があります。

入浴前にちょっと飲んでおく事で、発汗のスピードや量がぜんぜん違います。

バナナ酢を飲む時の注意点としては、空腹時などに大量のお酢をとると、胃が荒れる事などがありますので、「一日45mg程度」までとしてください。

タグ:ダイエット
posted by パンプキン at 00:51| Comment(0) | TrackBack(1) | ダイエット法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。