2007年02月28日

ダイエットに向いた運動とは?

ダイエットに向いた運動には3種類あります。1つは「有酸素運動」、2つめは「無酸素運動」、そして「ストレッチ」この3つがダイエットに向いた運動です。

1、「有酸素運動」とは、呼吸をして体内に酸素を取り込みながら行う運動のことです。

ダイエットに適したものとしては、ウォーキングや速歩き、サイクリングや水泳などがあげられます。

なぜ有酸素運動がダイエットに有効かというと、体内に取り込まれた酸素が、体脂肪と糖質を分解するからです。

ヒトの体は運動を行う際、まずは血液中の糖分を燃料として消費します。その後、筋肉や肝臓に蓄えられたグリコーゲンなる糖分を燃焼し、それも使い切ると、今度は体脂肪をじわじわ燃焼し始めるのです。

この一連の代謝活動が起こるのには平均15〜20分を要します。つまり脂肪が燃えるまで最低15分は運動し続けなくてはいけません。この時間がポイントになります。

ウォーキングは、心がけていますが、寒い季節、外に出るのが辛いときは、家の中で、テレビをみながら、踏み台昇降をしています。あっという間に、1時間過ぎて、汗だくだくになりますよ。

2、「無酸素運動」とは、おもに瞬発力を利用して行う運動、たとえば重量挙げや短距離走など、瞬間的にグッと息を止めて行う運動のことです。

この運動は、酸素を吸わないかわりに筋肉が体内の糖質をエネルギー源として消費します。

このため、無酸素運動のもう1つの重要なポイントは、筋力をアップすることで、普段からこの糖質が消費されやすい体に変わるということです。これを基礎代謝が高まると、エネルギーを使いますから、寝ていてもやせる体に変わっていくそうです。う〜ん、そうなりたい。

いわゆる筋トレですね。筋力トレーニングを続けて体を鍛えていくことが大切です。

ダイエットに効果的な筋肉は、おもに脂肪のつきやすい腹筋や背筋、おしりの筋肉(臀筋)、太ももや脚の筋肉。このあたりの筋力がアップするような筋トレを続けると良いらしいですよ。

私は、太ももの筋肉をつけると良いとかって聞いて、ありきたりですが、スクワットや腕立てなんかを、ほんの少しですが、やるようにしています。筋力が付くと、代謝も良くなってきたみたいで、良い感じです。


3、「ストレッチ」は、上の2つを行ううえで、全身の筋肉を伸ばし、体を柔らかくするためにやっておきたい運動です。疲労と筋肉のストレスを和らげてくれるので積極的に取り入れるとよいですよ。

筋トレしたり、有酸素運動で時間かけたりして運動すると、筋肉痛になったりしますよね。でもストレッチを、きちんとやっておけば、筋肉痛になりにくいし、一石二鳥ですよ!!
posted by パンプキン at 00:15| Comment(0) | TrackBack(1) | やせる運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。